昔の女性の雅な遊びから|伝統的なひな祭りを立派に祝うためやるべきこと
贈り物

伝統的なひな祭りを立派に祝うためやるべきこと

昔の女性の雅な遊びから

羽子板

お正月の伝統的遊びの一つ

羽子板を知らない日本人はいないといってもいいでしょう。昔ながらの、お正月の懐かしい遊びに使われるものです。キリやスギ、カツラなどで作られ、室町時代ごろには、こぎ板(胡鬼板)とも呼ばれていたようです。ムクロジ(無患子)の実に羽毛をさしたものが、はご(羽子)、こぎのこと呼ばれ、それが今のはねとなりました。羽子板とはねを使ってする遊びが、いわゆる羽根つきです。つくばねとも言われていました。また、羽根つきには、はねをトンボに見立て、トンボが蚊を食べることから、蚊に刺されないというおまじないの意味もあったということです。お正月に宮中で女官たちが羽根つきをして遊んだとの十五世紀の記録も残されています。江戸時代には日本中に広がり、特に元禄期以降から盛んになりました。

遊び道具が豪華な縁起物に

羽子板は、次第に豪華なものとなっていきました。江戸元禄のころまでの図柄は、宮中のお正月の行事「左義長(どんど焼き)」にちなむものが多かったようですが、それからさらに発展して、多種多彩な縁起の良い図柄が描かれるようになりました。文化・文政期には押し絵のものも誕生しました。そして、遊びの道具だけではなく、縁起物・飾り物にもなっていったのです。悪いことを「はねのけて」ほしいとの願いをこめて羽子板を飾るという習慣が生まれたのも江戸時代のことだと考えられています。女の子の初正月に、身近な人が健やかな成長を祈り羽子板を贈るという風習も同じように古くからあるものです。現代でも、様々に意匠がこらされた美しい羽子板が作られ続けています。お正月飾りの羽子板は、やはりお正月飾りでもある破魔弓などと同じく、十二月半ばごろから飾りつけ、左義長が行われる一月十五日ごろにしまうのが良いとされています。