色々な意味を持つ|伝統的なひな祭りを立派に祝うためやるべきこと
贈り物

伝統的なひな祭りを立派に祝うためやるべきこと

色々な意味を持つ

兜

初節句に贈る

子どもの日として定着している5月5日は端午の節句と言われる男の子のお節句でもあります。五月人形はこの端午の節句に飾る武者人形です。男の子が生まれて初めて迎える端午の節句には、その子の成長を祝福して将来の幸せを祈ります。この初めての端午の節句には、子どもの祖父母が五月人形を贈るということが多くあるようです。昔は子どもの母親の両親から贈られるのがしきたりとなっていたようですが、最近は負担が偏ることから夫婦両親が分担して贈ることが多くなっています。また、この日は子どもの祖父母をはじめとして親族などを招いてお祝いをする家族が増えているようです。祖父母以外で招かれた場合には、この季節にふさわしい形のお菓子などもたくさん売られているので、それらを持参すると喜ばれるでしょう。

他のものもある

最近は夫婦が独立して暮らしている場合が多いので、お祝いとして五月人形を贈るときにも、置く場所を考える必要があります。端午の節句のお祝いとして贈るのにふさわしいのは五月人形の他には鎧兜なども喜ばれるようです。また、場所があれば鯉のぼりや幟などもお祝いとしては最適でしょう。端午の節句には菖蒲湯を沸かしたり、菖蒲やよもぎを軒にさしたりすることもあります。この理由は、菖蒲は尚武、すなわち武事や軍事などを重んじるという意味があることや、皮膚病を予防して、邪気を払うことができるからだとも言われています。また五月人形の購入は通販サイトから可能であり、忙しい方はここから買うのもいいでしょう。